パワーストーングッズを利用して成功への道を一歩ずつ進みましょう!

2016年09月07日

効果、直観、色、形。あなただけのパワーストーン選び方

パワーストーンの選び方として『直観』を信じて。という記述が多いですが、数あるパワーストーンの中から、「これだっ!」と確信し、長年パワーストーンを大切に持ち続けている方。

また、長年身に着け続けているが…私の周りにはほとんどいません。

ずっと身に着け続けている方はどんなパワーストーンの選び方をしているのでしょうか?

自分に合うパワーストーンの選び方としては一般的に4つの選び方があります。

@直観で選ぶ

パワーストーンが並ぶショップで、ふと目についた石から目が離せない。

『これが好き』

手に取ってみると、石に吸い寄せられるような感覚に…

考察…こんな時多くのパワーストーン紹介サイトでは、持ち主が必要としているサインをキャッチしている。だから、自分の観察の直観を信じ購入しよう。

といった記述がありますが…一年以上、パワーストーンの浄化をしながら、身に着け続けるユーザーはほとんどいません。

また、老舗パワーストーンショップの経営者や、店員さんに話を聞くと、落ち込んだり、イライラしたりしている時…メンタルの状態が悪い時に選ぶことは好ましくないと言います。

パワーストーンは持ち主にパワーを与えてくれます。同時に負のエネルギーを吸収します。

メンタルの状態が悪い時に購入したユーザーがまた、ショップに訪れ笑顔で日常会話をすることは、あまりないそうです。

A効果で選ぶ。

パワーストーンは持ち主にパワーを与えてくれます。石の種類によって司るエネルギーがそれぞれ違います。

例えば…『理想の人を引き寄せる』、『ストレスを軽減してくれる』など、によって効果や効能がそれぞれ違います。

効果で選ぶ方の購入のながれとしては…

自分の悩みに対応しそうな石の特性やパワーを調べる。
 ↓
その中から美しいと思う石や、心惹かれる石を選ぶ。
 ↓
可能なら、実物を見たり手で触れてみて、しっくりくるものを選ぶ。

また知識を得ると、石を複数個組み合わせ、より高い効果を出すための行動を起こします。

効果を調べ、自分の望む効果を引き寄せる石は○○。効果を高めるからこの組み合わせ。

こういったパワーストーンの選び方をする方は長年、パワーストーンを身に着け続ける方が多いとの事です。

ご本人の望むものは石まかせでなく、目的のために努力したり、石を信頼することも大切と事前に理解しているからかもしれませんね。

B形で選ぶ。

パワーストーンの形、デザインは掘り出したとき、そのままのものもあれば、パワーを強めるために様々な形に加工されたものがあります。

石にはづくられることにより特定のエネルギーを強くする、または発生される効果があります。

つまり、形そのものに意味があるということです。

日本で古来から愛されていたのは『勾玉(まがだま)』。

古墳から出てくる勾玉は、皆さんが知っているパワーストーンの一つのです。

魔除け、護符の加護があると言われいる伝統的な形。胎児や牙の形をモチーフにしたと言われています。

生命力、邪気を払う。といった意味のある形です。

自分にあった特性のある石を、形の持つパワーを知ってきめる方も非常に多く存在します。

C色で選ぶ。

と同じように、にも意味と作用があります。

古来より色彩もパワーストーンの力のうちと言われてきました。

現在、色彩が与えるパワーとしては…愛情運には赤色、ピンク系。金運、仕事運を引き上げたい時には金色、もしくは黄色といったことがよく知られています。

石の種類が違っても同系色を組み合わせると、石の力に加え、色の力が強まると言われています。

上記4つは一般的に言われているパワーストーンの選び方です。

自分だけのパワーストーンを選ぶためには、直観だけでなく、効果、形、色を少しだけ知るだけでも購入するするパワーストーンが変わってきます。

石に対する愛着、愛情、思い入れが購入前に湧けば、長い期間…パワーストーンは、あなただけのかけがいのない存在になります。

参考になれば幸いです。

posted by 成功のためのパワーストーングッズ収集家 at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | パワーストーン 選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする